スポンサーリンク
FX
ランキング
グラフィックディスプレイ TG12864E-01XWBV のテスト - 10月 30, 2011 by Tama

秋月で販売されているグラフィックディスプレイTG12864E-01XWBVで動作テストをしました。
mikroC for dsPIC でTG12864E-01XWBVがコントロール可能かを確認するためです。
また、FFTのプログラムを変更し横軸128ビットをフルに使って表示できるようにしました。1データで2ラインを描画し、64個のデータで128ビット全域に描画するようにしました。
TG12864Eは小型のグラフィックLCDで今後のアプリケーションに取り入れていこうと思っています。
LCD画面上の右下4ビットが上部に表示されるアイコンにアサインされているのでアイコン表示もプログラムから制御可能です。
 
動画は、iPODの音声出力をコンデンサマイクでピックアップしLM386で増幅後RCのローパスフィルターを通してdsPIC30F4013のアナログ入力にインプットしています。dsPIC30F4013内では10kHzで音声信号をサンプリングしFFT演算しています。FFT部分はmikroCのライブラリを利用できるので比較的簡単にできます。

固定ページ
最近のコメント
最近の投稿
アーカイブ